一関・平泉

健やかな成長願い こどもの日、萩荘でこいのぼり掲揚【一関】

子供の健やかな成長を願いこいのぼりが掲揚されている一関市萩荘下大桑地内の羽根橋沿い

 こどもの日(5日)に合わせ、一関市萩荘の萩荘6民区(桂田芳昭区長)は、下大桑地区の羽根橋沿いにこいのぼりを飾り、地区の子供たちの健やかな成長を願っている。10日まで。

 地区住民から譲り受けたものを使い、2010年から地域振興の一環として飾っている。今年も同橋近くの柱にワイヤを通して、長さ約1~5メートルほどのまごいとひごいなど合わせて24匹を、地区住民が掲揚した。

 地元の名物として見に来る人も多く、萩荘小学校6年の阿部公士朗君(11)は「たくさんのこいのぼりが気持ちよさそうに泳いでいた。学校の行き帰りに見られるのがいい」と笑顔を見せていた。

 取り組みに参加した桂田勝浩さん(55)は「季節感を感じてもらいながら、子供たちに昔ながらの風習を伝えようと続けている。活動は来年以降も継続していきたい」と語った。

 同区では今後の活動継続のため、使わなくなったこいのぼりを募っている。

 問い合わせは桂田勝浩さん=090(3364)6745=へ。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2020年10月28日付
一関・平泉
2020年10月28日付
一関・平泉
2020年10月28日付
一関・平泉
2020年10月28日付
一関・平泉
2020年10月28日付