一関・平泉

里山にモネの世界 花泉・青沼さん方【一関】

ため池を覆う青沼さん方のスイレン=一関市花泉町涌津字亥年前

 一関市花泉町涌津字亥年前の青沼益夫さん(68)方のため池で、スイレンが満開を迎えた。淡い桃色の花が水面(みなも)を覆い、幻想的な雰囲気を醸し出している。

 ため池は広さ約6アール。青沼さんによると、もともと用水池だったが、付近の田んぼで米作りをやめてからは利用しなくなった。スイレンは40年ほど前に数株が植えられ、長い時間をかけて広がったという。今年は17日に開花し始め、25日ごろ満開となった。

 青沼さんは「花数は減るが、毎年8月ごろまで花を付ける。手入れもしていないのに、池の水草を押しのけてここまで広がるのは本当にすごい」とスイレンの生命力に驚く。「咲き始めは花の色も薄かったが、気温が上がるにつれてだんだん濃くなっていった。観賞するには今が一番いい時期だ」と話している。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2020年7月8日付
一関・平泉
2020年7月8日付
一関・平泉
2020年7月8日付
一関・平泉
2020年7月8日付
一関・平泉
2020年7月8日付