県内外

7月に県中学大会 中総体中止で新設 陸上競技【岩手】

 岩手陸協(松田繋会長)は、新型コロナウイルス感染拡大を受け、今季の大会日程を再編成した。県中学校総合体育大会の中止を受け、県中学校陸上競技大会を新設。7月18、19の両日に盛岡市の県営運動公園陸上競技場で開催する。

 同大会は、生徒たちに練習成果を発揮する場を与えようと開催。感染リスクを減らすため、消毒や検温を行いながら無観客で開催する方針。全日本中学校通信県大会は、8月8、9の両日に盛岡市で開催する。

 このほか、今秋の鹿児島国体が中止、または延期する可能性を考慮し、大会日程を調整。開催される場合、7月3~5日に国体選考会を兼ねる県選手権を北上市の北上総合運動公園陸上競技場、同25、26の両日に選考会を伴わない夏季大会を同競技場でそれぞれ実施する。中止の場合、県選手権を同24~26日、夏季大会を同4、5日に変更する。

 事務局は「活躍の場が失われた選手たちのためにも、感染防止対策を徹底して大会を行いたい」としている。 

地域の記事をもっと読む

県内外
2020年7月5日付
県内外
2020年7月5日付
県内外
2020年7月5日付
県内外
2020年7月5日付
県内外
2020年7月5日付