北上・西和賀

ドラゴン桜とコラボ 平泉世界遺産の日PR 県南広域振興局ポスター作製

「平泉世界遺産の日」をPRするポスター

 県南広域振興局は「平泉世界遺産の日」(29日)のPRポスターを作製した。北上市出身の漫画家三田紀房さんによる人気作のキャラクターを採用。公共施設などに配布・掲示され、2021年の世界遺産登録10周年をアピールする。

 平泉の文化遺産が世界遺産に登録されたのは、11年6月。「平泉世界遺産の日」は、この文化遺産について県民をはじめ、国内外の人々の理解を深め、適切な保存・継承につなげようと、県が条例で定めた。

 同振興局では来年の登録10周年に向けた機運醸成のため、希望郷いわて文化大使も務める三田さんに作画を依頼。ヒット作「ドラゴン桜」の主人公・桜木建二と中尊寺金色堂覆堂、毛越寺庭園がコラボレーションしたデザインを採用した。

 三田さんは「平泉の静謐(せいひつ)で厳かな雰囲気にうまくキャラクターをマッチさせることに気を配り、描き下ろした。平泉は県民に独自の文化を持つことの大切さを教えてくれる」とポスターに思いを込めた。

 A1判で1900枚作製。学校や公共ホール、JR、宿泊施設、道の駅などに配布・掲示を依頼しているほか、世界遺産平泉PRキャラクター「ケロ平(ひら)」によるイベントやメディアなどでの周知に活用される。

 同振興局経営企画部では「ポスターを活用し、6月29日が『平泉世界遺産の日』だということをより認識してもらい、地域振興につなげたい」としている。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2020年10月28日付
北上・西和賀
2020年10月28日付
北上・西和賀
2020年10月28日付
北上・西和賀
2020年10月28日付
北上・西和賀
2020年10月27日付