県内外

いわにちリビングun特集:夏に食べたい 和洋スイーツ 盛岡/大丸屋

季節の情景を表す上生菓子。右から「七夕」「ひさご」「風鈴」(各300円)。「水無月」(259円)は6月末までの限定販売。三角形は氷を表し、小豆には邪気を払う意味が込められている
冷やしておいしい和洋スイーツで 至福のひととき いかがですか

 昭和9年創業、京都で修業した3代目店主が切り盛りする老舗の和洋菓子店「大丸屋」。この時期は、吹き流しをイメージした「七夕」や淡い色彩の「風鈴」、ひょうたん型の「ひさご」など、季節感あふれる見た目も涼しげな上生菓子が店頭に並ぶ。写真左の「水無月」は京都発祥の和菓子で、1年の残り半分の無病息災を祈って6月30日の夏越しの祓(なごしのはらえ)に食べる風習があるという。ういろうのもっちりとした食感と小豆の上品な甘さが楽しめ、冷やしていただくとよりおいしさが増す。

▲“日本一固い”とうわさの「レモンゼリー」(写真奥・1個172円)と夏の定番で手作りの「あんみつ」(551円)

DATA

盛岡市本町通1-9-42
019・622・3444
営/9時~18時
休/日曜

地域の記事をもっと読む

県内外
2020年7月8日付
県内外
2020年7月8日付
県内外
2020年7月8日付
県内外
2020年7月8日付
県内外
2020年7月8日付