北上・西和賀

タバコ畑彩る薄紅色 梅雨の合間縫い「心止め」作業【北上】

薄ピンク色のかわいらしい花に彩られる北上市内のタバコ畑。農家は花の摘み取り作業に追われる

 北上市内では、2メートルほどに成長したタバコが上部に花を咲かせ、畑を彩っている。農家は梅雨の合間を縫うように花の摘み取り作業に精を出している。

 同市二子町内の畑でタバコを1・5ヘクタール栽培する同町の農業及川和生さん(69)は、養分を葉に集中させるように咲き始めた花を摘み取る「心止め」と呼ばれる作業を7月初旬に開始。6月の日照りと7月のぐずついた天候のため、畑によって開花時期にばらつきが多い。

 1本の茎に30ほどのつぼみが膨らむ中、直径3~5センチほどの薄ピンク色の愛らしい花を数輪咲かせている。生産農家が年々減少し、開花から早い時期に摘み取られるため花を見る機会は少なくなっているという。

 17日は曇天の中、及川さんは家族やアルバイトと共に、花やつぼみより下部の茎を手で折ったり、葉を収穫する作業に追われた。心止め作業は今月下旬ごろまでかかる見込みで、及川さんは「5~6月に雨が少なく場所によっては生育が10日ほど遅れている畑があるが、今は雨続きで病気が心配。生育、作業両方の意味で早く梅雨が明け良い天気が続いてほしい」と願う。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2020年10月1日付
北上・西和賀
2020年10月1日付
北上・西和賀
2020年10月1日付
北上・西和賀
2020年9月30日付
北上・西和賀
2020年9月30日付