奥州・金ケ崎

甘酸っぱい味に夢中 みどりの郷ブルーベリー園【金ケ崎】

オープンイベントでブルーベリーを受け取る来場者

 金ケ崎町の「みどりの郷」が運営するブルーベリー園のオープンイベントが26日、同町永栄上宿のみどりの郷で開かれた。あいにくの天候で摘み取りは中止となったものの、同園で収穫したブルーベリーがプレゼントされ、来場者が季節の味を堪能した。

 イベントには親子連れらが来場。ブルーベリーのほかオリジナル入浴剤や日帰り入浴、試作品のオリジナル菓子などがサービスされた。来場した奥州市胆沢南都田のパート小野寺宏美さん(39)は「すごくぷりっとしてきれいなブルーベリー。天気の良い日にまた来たい」と話し、長女の四葉さん(7)も「酸っぱくて甘い」と夢中になった。

 ブルーベリー園は開園2年目で、今年は23日から完全予約制でオープン。各回20人限定で、午前10時、11時、午後1時から各40分間食べ放題となる。料金は中学生以上1200円、小学生800円、幼児300円、3歳未満は無料。みどりの郷各施設と連動したオプション料金や特典もある。8月25日までの営業を予定している。

 新型コロナウイルスの感染拡大でみどりの郷のホテルも臨時休業を余儀なくされるなどの影響を受け、オープンイベントは流行拡大後初めての催しとなった。宿泊は来月の再開が決まっており、同社は「イベントとホテルの再開でようやく営業が動きだす形になる」と期待している。

 問い合わせはみどりの郷=0197(44)2131=へ。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2020年9月20日付
奥州・金ケ崎
2020年9月20日付
奥州・金ケ崎
2020年9月20日付
奥州・金ケ崎
2020年9月20日付
奥州・金ケ崎
2020年9月20日付