花巻

賢治の言葉 大作に 岩手女子高書道ガールズ制作 ロビーへ設置【花巻】

空港ビル内に書作を設置した岩手女子高「書道ガールズ」の3人

 いわて花巻空港の国内定期便全面再開に合わせ、1日から同空港1、2階壁面に、盛岡市の岩手女子高書道部「書道ガールズ」制作の書作が掲げられている。花巻市出身の詩人で童話作家、宮沢賢治にちなむ言葉が記されており、縦3・2メートル、横4・5~5・2メートルの大作。迫力、存在感とも満点の2作が、空港利用者の目を楽しませている。掲示は今月末まで。

 同部を指導する奥州市出身の書家・佐藤紫雲さん(66)が「生徒たちに岩手の魅力を学び、その良さを再確認するきっかけにしてほしい」と、作品掲示を発案。設置作業は7月31日に同空港職員もサポートして行われ、2階に「イーハトヴ 岩手縣 夢の國」、1階に「ほんたうの さいはひを さがしに行く」の2作が掲げられた。

 このうち、2階作品は同部の小原今日花部長(17)ら3年生3人が腕を振るった力作。小原部長は「けっこう迫力のある物ができた。賢治の言葉から、空港に来た人に岩手の良さが伝わればうれしい」と願っていた。同部書道ガールズは動きのある「パフォーマンス書道」披露など、ユニークな活動でも知られている。

地域の記事をもっと読む

花巻
2020年11月24日付
花巻
2020年11月24日付
花巻
2020年11月23日付
花巻
2020年11月23日付
花巻
2020年11月23日付