県内外

あおり運転厳罰化周知へ 県警ミニチラシ作製【岩手】

あおり運転の厳罰化などを周知する県警のミニチラシ

 県警は、あおり運転(妨害運転)を厳罰化した改正道交法施行を周知するミニチラシを作製した。交通安全講習や啓発活動の際に合わせて配布しており、県民の交通マナー意識の向上につなげる。

 チラシは、自転車と自動車の妨害運転について説明する2種類を作製。いずれもはがきより一回り小さいサイズで、罰則の内容などをイラスト付きで紹介している。

 このうち自転車に関するチラシには、「自転車の危険行為に妨害運転が加わりました」と表示。具体例として▽逆走して進路をふさぐ▽幅寄せ▽不必要なブレーキ▽車間距離の不保持▽ベルを執拗(しつよう)に鳴らす―などを挙げた。14歳以上の運転者が3年以内に2回違反した場合、安全講習の受講対象となるとし、注意を促している。

 裏面には、県警のホームページにつながるQRコードを掲載。県警交通企画課は「QRコードを付けることで若者への関心を促すとともに、内容を確認しやすくしている。チラシを通じ、多くの人に法改正について知ってもらえれば」としている。

地域の記事をもっと読む

県内外
2020年9月29日付
県内外
2020年9月29日付
県内外
2020年9月29日付
県内外
2020年9月29日付
県内外
2020年9月29日付