北上・西和賀

岩手ぅんめぇ~もんGP 最高賞 西わらび入り蕎麦(西和賀産業公社)

地場産品を使った「西わらび入り蕎麦」で最優秀賞に輝いた西和賀産業公社の米澤課長(左)ら

 県内の農林水産物を使った加工食品を対象にしたコンクール「岩手ぅんめぇ~もん!!グランプリ2020」の表彰式は10日、盛岡市内で行われた。県内の事業者や団体、学校から計49点が出品され、最優秀賞には西和賀産業公社(西和賀町)の「西わらび入り蕎麦(そば)」が輝いた。県のホームページ(HP)などで紹介し、さらなる販売促進につなげる。

 同グランプリは、県内の6次産業化や農商工連携を推進するため、県といわて6次産業化支援センターが主催。31回目となる今回は、6次産業化部門に20点、農商工連携部門に24件、学校部門に5点がそれぞれ寄せられた。8月下旬に審査会が開かれ、県産品取扱店の代表らが独創性や品質などを総合的に審査した。

 最優秀賞に選ばれた「西わらび入り蕎麦」は、西和賀産のソバ粉と県産小麦「銀河のちから」のほか、特産品の西わらび粉をつなぎに使用。西わらびの粘り気が特徴で、喉越しの良い麺に仕上げられている。

 同社の米澤多功営業企画課長は「受賞は驚いたがうれしい。商品を通じ、西和賀や岩手の食材の良さを多くの人に知ってほしい」と語っていた。

 同商品は県のHPで紹介するほか、全国規模の優良ふるさと食品中央コンクールの出品候補になる。みちのくコカ・コーラボトリング(本社矢巾町)のオンライン販売でも取り扱う。

 最優秀賞を除く審査結果は次の通り。(県南関係のみ)

 ◇農商工連携部門▽優秀賞=「ごま摺りゆめソフトmixアイス」松栄堂(本社平泉町)

 ◇6次産業化部門▽優良賞=「ミニフランクフルト【和風】」館ケ森アーク牧場)(一関市)

 ◇学校部門▽優良賞=あわびえパウンドケーキ(県立花巻農高3年C組お菓子班)

 ◇特別賞・お取り寄せしたいで賞=「The BREWERS HIRAIZUMI SANSUCO」世嬉の一酒造(一関市)

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2020年9月20日付
北上・西和賀
2020年9月20日付
北上・西和賀
2020年9月20日付
北上・西和賀
2020年9月19日付
北上・西和賀
2020年9月19日付