花巻

オンライン受験実施 富士大 来年度 学校推薦型選抜など【花巻】

 花巻市下根子の富士大(岡田秀二学長、学生783人)は18日、新型コロナウイルス感染防止対策として、2021年度の総合型選抜・社会人選抜、学校推薦型選抜、特別選抜、編入学・転入学選抜の各試験をオンラインで実施すると発表した。例年2月に実施する一般選抜の受験方法は11月中旬までに決定する。

 来年度試験の実施方法は5月1日に発表済みだが、富士大ではコロナ禍の状況から再検討。受験生の安全を最優先するため内容を変更せざるを得ないと判断し、10月から年内にかけて行う試験にオンラインを取り入れる。

 オンラインを導入するのは、設置する経済学部(定員=経済学科70人、経営法学科120人)の試験のうち、10月16日から12月12日にかけて実施する総合型選抜・社会人選抜(1・2・3期)、学校推薦型選抜(1・2期)、特別選抜(地域・高大連携協定校、職業会計人・商業科教員養成特待生、学力優秀者特待生1期、資格取得者特待生1期)、編入学・転入学選抜1期。

 各試験では、事前提出した書類と小論文を審査するほか、オンラインでの面接を実施する。同大によると、小論文は大学のホームページに提示した課題から作成し、ウェブ出願の手続きに基づいて提出する。

 面接試験は、ウェブ会議システム「Zoom」をインストールした受験生のスマートフォンまたはパソコン、タブレット端末を使用して実施。受験生に配布するID、パスワードを用い、指定した時間にアクセスする。面接時間は1人10分程度を予定する。

 面接時は画面に上半身が見えるよう調整してもらうほか、開始前に本人確認のために身分証明書の提示を求めるという。インターネットの接続トラブルなどが発生し、面接を受けられない場合は、指定された試験日の最後に繰り下げるなどして対応する。

 また小論文事前提出やオンライン面接を行う各試験は、追試験を実施する予定。

 同大の20年度入試には302人が志願し、271人が合格、230人(うち県内出身者78人)が入学。今年度はコロナ禍のため5月までの一部期間で遠隔授業を行い、6月から教室での授業を再開している。

 佐々木修一入試部長(経済学部教授)は「コロナ禍で受験ができるかどうか不安に思う受験生のために、オンライン受験を実施する。試験方法について志願者に丁寧に説明していきたい」と話している。

 来年1月以降に実施予定の一般選抜や特別選抜2期、外国人留学生一般選抜などの試験方法は11月中旬に決定する。

地域の記事をもっと読む

花巻
2020年10月24日付
花巻
2020年10月24日付
花巻
2020年10月24日付
花巻
2020年10月24日付
花巻
2020年10月23日付