県内外

一関学院 決勝進出 3位決定戦は花巻農―花巻東 秋季高校野球県大会

 第73回秋季東北地区高校野球県大会は26日、盛岡市の県営球場で準決勝が行われ、一関学院が花巻農を9―2で下し、2年連続の東北大会出場を決めた。花巻東は盛岡大附に2―7で敗れ、花巻農と3位決定戦で東北大会出場権を争う。

【9面に関連】

 一関学院は三回にスクイズで先制。2―2の七回に勝ち越しに成功し、九回には4点を加えた。花巻農は六回に同点としたが、粘投の主戦藤原奏良(2年)が終盤につかまった。

 花巻東は一回に長短3連打で先制したものの、投手陣が盛岡大附打線に15安打を浴びて7失点。打線は二回以降も好機をつくったが、勝負どころで一本が出なかった。

 27日は同球場で一関学院―盛岡大附の決勝、花巻農―花巻東の3位決定戦が行われる。試合開始は3位決定戦が午前10時、決勝が午後0時40分。

地域の記事をもっと読む

県内外
2020年10月20日付
県内外
2020年10月20日付
県内外
2020年10月20日付
県内外
2020年10月20日付
県内外
2020年10月20日付