花巻

ブドウ産地 秘境の空気感 ポスターで魅力PR【花巻】

ブドウの里・大迫のPRポスターを手掛けた佐藤さん

 花巻市の大迫ぶどう産業振興協議会(佐々木和弘会長)は、ブドウ産地・大迫をPRするポスターを新たに作製した。絵を手掛けた市地域おこし協力隊の佐藤真衣子さん(27)は「手描きの方が大迫の雰囲気が伝わると考えた。ブドウの里で動物と共存する、秘境の空気感が出せた」と語る。

 ポスターはB2判、横向き。たわわに実った房の下で少年少女や動物がブドウを味わっている構図で、「早池峰山のふもとには宝石みのる里がある」のメッセージを添えた。

 佐藤さんは大迫産ブドウをイメージしたキャラクターを募集しており、「ブドウの粒をアクセサリーにしている作品が多く、ブドウが宝石に見えている人が多いと感じた」と着想。横向きにすることで広々とした眺望を表現できたといい、ブドウが目立つよう全体的に色使いを抑えめにした。

 200部を印刷し、市内の飲食店や商店、公共施設などに配布。来年以降はブドウの収穫期に合わせて県内各地に貼り、大迫のアピールにつなげる考えだ。

地域の記事をもっと読む

花巻
2020年11月27日付
花巻
2020年11月27日付
花巻
2020年11月27日付
花巻
2020年11月27日付
花巻
2020年11月27日付