奥州・金ケ崎

カヌーNHK杯予選会 藤野選手(県協会)が本選進出【奥州】

カヤックシングルでNHK杯進出を決めた藤野選手=24日、奥州いさわカヌー競技場

 2020年度日本カヌースラローム選手権大会と2020カヌースラロームジャパンカップ最終戦が24日、奥州市の奥州いさわカヌー競技場で開かれた。25日に同じ会場で開かれる第43回NHK杯全日本カヌースラローム競技大会の予選会。国内最高峰の大会を目指して選手が臨み、本県所属では男子カヤックシングルの藤野浩太選手(県カヌー協会)が進出した。【8面に競技結果】

 日本カヌー連盟とカヌージャパンカップ奥州市実行委員会が主催。カヤック、カナディアンの各シングルで実施し、男女別の個人戦とチームレースに計94人がエントリーした。

 スラロームは、コース上に設けられたゲート(ポール)を順番に通過してタイムを競う。ゲートごとにこぎ下り、こぎ上りの通過方法が決まっており、ポールに接触するか通過できないとペナルティーとしてタイムが加算される。24日のゲート配置は、元リオデジャネイロ五輪日本代表で同連盟所属の佐々木翼さん(奥州市、秋田県大仙市出身)がデザイン。選手は上級者向けと評判が高いコースで熱戦を繰り広げた。

 NHK杯には予選会を通過した選手のほか、前年度のナショナルチームメンバー(シニアAチームのみ)とジャパンカップ最終ランキング上位者が参加資格を持つ。大会の様子は25日午後3時からNHKのEテレで放映される。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2020年12月2日付
奥州・金ケ崎
2020年12月2日付
奥州・金ケ崎
2020年12月2日付
奥州・金ケ崎
2020年12月2日付
奥州・金ケ崎
2020年12月2日付