一関・平泉

サケの遡上始まる 萩荘地内 久保川【一関】

一関市萩荘地内を流れる久保川を遡上するサケ

 一関市萩荘地内を流れる久保川で、サケの遡上(そじょう)が始まっている。流れに逆らいながら前へと進むサケの姿が、秋の深まりを告げている。

 サケが遡上しているのは萩荘小学校付近の久保川。現場近くでは毎年、同校の児童が磐井川鮭鱒(さけます)漁業組合の協力を得て稚魚の放流を行っている。

 長旅から帰ってきたサケの体は傷だらけになり、皮も白く変色。それでも十数匹が大きな水しぶきを上げながら、力強く尾びれを動かして上流を目指していた。

 近くに住む女性は「遡上してきたのは20日ごろ。いつもより遅く、今年は帰ってこないんじゃないかと心配していたので安心した」と目を細めていた。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2020年11月29日付
一関・平泉
2020年11月29日付
一関・平泉
2020年11月29日付
一関・平泉
2020年11月29日付
一関・平泉
2020年11月29日付