北上・西和賀

躍動のステージ 子供たちへ希望 劇団わらび座所属・佐藤さん 地元で公演【北上】

地元の舞台に出演し躍動する佐藤さん

 北上市出身で劇団わらび座(秋田県仙北市)に所属する佐藤千明さん(26)が27日、地元の舞台に立ち、歌や踊り、伝統芸能で躍動のステージを見せた。わらび座「わくわく和ライブ」メンバーとして凱旋(がいせん)。子供たちを前に「自分の楽しめることを真っすぐに続けて」と夢中になれることに自信を持つ大事さを伝えた。

 佐藤さんは、音楽好きの小中学生が集う「北上ミューズコーラス隊」に小学2年から中学3年まで所属。わらび座とコーラス隊は以前から公演などを通じた交流があり、2017年には劇団の養成所に入って舞台に必要なスキルを磨いた。

 北上市文化交流センターさくらホールでの今回の公演は、小学3、4年生らが文化芸術に触れる市青少年鑑賞事業。27日午前は子供たち約420人が見守る中、メンバー5人が和楽器を使った童謡メドレーや全国各地の伝統芸能などで、「和」の魅力が詰まった迫力のステージを繰り広げた。

 佐藤さんも得意の歌で会場を沸かせたほか、鳥取県の傘踊りや山形県の花笠音頭、釜石市などに伝わる虎舞などで舞台を駆け回った。「大きな場所では初めての出演」と佐藤さん。「子供たちの反応を間近に、うれしい気持ちが込み上げてきた。あっという間の1時間だった」と充実感をにじませた。

 新型コロナウイルスで多大な影響を受けた舞台芸術業界。わらび座もそうで、数カ月は公演中止といった制限を強いられた。それでも佐藤さんは「自粛期間は腕を磨く時間に使えた」と前向きに努力を重ね、悲願の公演出演となった。

 希望あふれる子供たちには「わくわくすること、楽しいこと、何でもいいので自分を信じて取り組んで」とメッセージ。28日も午前、午後の2回舞台に立つ。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2020年12月3日付
北上・西和賀
2020年12月3日付
北上・西和賀
2020年12月3日付
北上・西和賀
2020年12月3日付
北上・西和賀
2020年12月2日付