一関・平泉

芸術の秋満喫 各地で文化祭【一関】

ミニライブや作品展などを繰り広げている明日を築く藤沢地域産業福祉文化祭

 一関市と平泉町の文化祭が31日始まり、各市町の個人や団体が日頃の芸術・文化活動の成果を展示し、来場者が「芸術の秋」を堪能している。1日まで。

 明日を築く藤沢地域産業福祉文化祭(実行委主催)は、藤沢文化センターをメイン会場に開幕した。作品展や農産物品評会、音楽ステージなどを繰り広げているほか、食べ物や地場産品の屋台も並び、多くの家族連れでにぎわっている。

 新型コロナウイルスの影響を考慮し、▽市藤沢地域文化祭▽農業まつり▽ふじさわ商工物産まつり▽社協福祉交流まつり▽消防フェスタin藤沢▽藤沢図書館まつり―の6イベントを一部縮小するなどして集約。来場者には入場前の検温と手指の消毒、連絡先の記入などを求めている。

 開会式で実行委員長の佐川伸市藤沢支所長は「新しい取り組みで開催する。来場者は感染症対策をしながらイベントを楽しんでほしい」とあいさつ。同センター前ステージでは、還過爺+αバンドによるミニライブや富くじ付き豊年餅まきなどが行われ、来場者を楽しませた。

 会場で民生児童委員と赤い羽根共同募金の協力を呼び掛けた藤沢中学校生徒会の近江美咲さん(2年)は「皆さんの努力でこのイベントを開催することができた。一緒に盛り上げていきたい」と語っていた。

 1日は午前9時開場。11時30分からダムカレーお披露目試食会(限定100食)、正午から演歌歌謡ショー、午後1時30分から富くじ付き豊年餅まき大会が催されるほか、商工物産まつりスタンプラリーの抽選も行われる。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2020年12月1日付
一関・平泉
2020年12月1日付
一関・平泉
2020年12月1日付
一関・平泉
2020年12月1日付
一関・平泉
2020年12月1日付