花巻

児童虐待、DVなくそう 防止推進で街頭啓発【花巻】

児童虐待とDV防止を呼び掛けたキャンペーン

 児童虐待やDV防止を啓発する街頭キャンペーンが6日、花巻市下小舟渡のイトーヨーカドー花巻店で展開された。県南広域振興局花巻保健福祉環境センターや市の職員8人が参加し、気になることがあれば相談するよう呼び掛けた。

 11月の児童虐待防止推進月間に合わせ、虐待をなくすことを訴える市民運動「オレンジリボン運動」、内閣府などが主唱する「パープルリボン(女性に対する暴力をなくす)運動」(12~25日)の一環で行われている。

 キャンペーンでは、同店の出入り口4カ所で虐待や暴力に関する相談ダイヤルなどが記されたチラシ入りティッシュ約600個を買い物客らに手渡した。

 同センターによると、2019年度に本県の児童相談所に寄せられた相談件数は1427件、配偶者暴力相談支援センターに寄せられた相談件数は2175件。蟻坂豊主任主査は、前年に比べるといずれも増加傾向にあるとし「児童虐待やDVに少しでも関心を持ち、地域に目を向けてもらえたらありがたい。気になる人がいれば相談できることを教えてほしい」と話していた。

 同センター管内のキャンペーンは2日に遠野市で行われ、今後10日に北上市、12日には西和賀町で実施される予定。

地域の記事をもっと読む

花巻
2020年12月3日付
花巻
2020年12月3日付
花巻
2020年12月3日付
花巻
2020年12月3日付
花巻
2020年12月3日付