花巻

限られた時間効率的に 花巻北高「100年の学び」講演会 佐々木監督(静岡聖光学院高ラグビー部)が助言

短時間練習の取り組みや部活動の在り方について講演する佐々木監督

 県立花巻北高校(川村俊彦校長、生徒677人)の「100年の学び」講演会は25日、花巻市本館の同校で開かれた。花園出場経験のある強豪・静岡聖光学院高校ラグビー部の佐々木陽平監督が独特の練習メニューや選手の取り組む姿勢について語り、生徒が文武両道のヒントをつかんだ。

 同部は週3回(年間100回)、各60~90分の短時間練習を採用。「『何となく』を徹底的に排除する」「自主性、主体性を重視した活動」の2点を意識して限られた時間を効率的に使い、強いチームをつくるための工夫を凝らしている。

 練習の初めに整理、整頓、掃除の「3S活動」に取り組むほか、短時間で互いに意見を交わして課題を解決する「Talk&Fix」、一人ひとりが自らの課題を考えて向き合う5分間の「主体練」、水分補給時の全力疾走などが盛り込まれており、佐々木監督は密度の濃い集中したトレーニングが試合中の分析・修正や後半の強さ、選手の成長につながると明かした。

 「練習で100%をやり切る。試合は思考の質で上回る」「試合に出る15人以外もそれぞれが自分の仕事を見つけ、練習環境が良くなるための準備をする」など部が大切にしていることを説明した上で、「ライバルに勝つために工夫できることがある。見る人が感動するような取り組みをしてほしい」と呼び掛けた。

 講演会は花巻北高90周年記念事業の一環で、全校生徒や教職員らが聴講。生徒からは「競技力向上のためには人間性、特に周りを見る力が大切だと思う。3S活動以外でそのために取り組んでいることは何か」と質問が寄せられていた。

地域の記事をもっと読む

花巻
2021年6月20日付
花巻
2021年6月20日付
花巻
2021年6月20日付
花巻
2021年6月20日付