北上・西和賀

全国舞台健闘誓う 女子サッカー部激励会 専大北上高

激励会で全国大会への決意を語る専大北上女子サッカー部員ら

 第29回全日本高校女子サッカー選手権大会(2021年1月3~10日、兵庫県)に、東北第2代表として出場する専大北上高校女子サッカー部の激励会が5日、北上市本石町の日本現代詩歌文学館で行われた。選手たちが保護者ら関係者からエールを受け、全国舞台に向けて健闘を誓った。

 同部は、10月17日~11月1日に宮城県で開かれた東北地域大会に出場。2回戦で鶴岡東(山形)に3―2で勝利、準決勝では常盤木学園と対戦した。2―2からPK戦の末に勝利を収め、目標の一つだった“宮城越え”を果たした。決勝では聖和学園(宮城)に敗退したが、5大会連続5度目の全国切符を手にした。

 激励会は「コロナ禍でもできる範囲で選手たちを応援して送り出したい」と保護者会(泉広之会長)が主催。選手と保護者のほか、市教委や県内サッカー関係者ら約80人が駆け付けた。

 平野憲教育長は「健康管理を万全にして、ベストコンディションで実力を出せば結果はおのずとついてくる」、県サッカー協会の佐藤訓文会長は「宮城を破って第2代表となり、歴史をつくってくれた。一つずつ勝っていくことがチームの力になるはず」と激励した。

 佐藤徳信監督は「全国では強豪が多いブロックに入ったが、目指すはベスト4。勝利を積み重ね成果を残したい」と語り、泉穂奈美主将(3年)は「チーム一丸となってさらに質を高め、相手を恐れず勝ち抜きたい。関係者へ感謝し、その気持ちをプレーで表したい。応援をお願いします」と意気込みを述べた。

 東北地域大会の試合映像、OGら関係者から寄せられたビデオメッセージも上映された。専大北上の全国大会初戦は、1月3日の1回戦で20大会連続22度目の出場となる日ノ本学園(兵庫)と対戦する。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2021年1月28日付
北上・西和賀
2021年1月28日付
北上・西和賀
2021年1月28日付
北上・西和賀
2021年1月28日付
北上・西和賀
2021年1月27日付