奥州・金ケ崎

語り継ぐ地元の文化 町立図書館企画展【金ケ崎】

地元ゆかりの作品などを紹介している子供向け企画展「語り継ぐ金ケ崎」

 金ケ崎町立図書館の子供向け企画展「語り継ぐ金ケ崎」は、同町西根西地蔵野の同館で開かれている。今年死去した髙橋忠男さんの紙芝居をはじめ、地元にスポットを当てた絵本などを紹介している。27日まで。

 同館は今秋、「秋のTown図書館」をテーマに地元に関連した企画を集中開催している。同展もこの一環で、紙芝居や絵本など約40点を集めた。

 紹介されているうち、同町三ケ尻で暮らした髙橋さんは地域の民話や昔話を掘り起こし、手作り紙芝居の上演などで語り継ぐ活動を中心に取り組み、芸術・文化部門で第34回岩手日日文化賞を受賞。展示している紙芝居は髙橋さんが著者となり同館が制作した物で、金ケ崎ならではの物語を楽しめる。

 また千葉智江さんは同町出身の絵本作家で、「くものきゅうけいじょ」が第22回おひさま大賞の優秀賞を受賞。展示には「はなちゃん、おとなになります」などを並べている。町内の読み聞かせ団体からは、お薦めの絵本を募った。

 展示は一部禁帯出。同館は「出身者や町民の活動をぜひ知ってほしい」と来場を呼び掛けている。

 原則として月曜休館。開館は午前10時~午後6時。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2021年1月27日付
奥州・金ケ崎
2021年1月27日付
奥州・金ケ崎
2021年1月27日付
奥州・金ケ崎
2021年1月27日付
奥州・金ケ崎
2021年1月27日付