県内外
2020年12月23日付
5年半備蓄ゼリー開発 避難者食べやすく 宮城の企業 震災で考案

 東日本大震災の経験や被災者の声を基に、新たな防災備蓄食として5年半保存できるゼリーが生まれた。避難所で子供や高齢者らに提供するため導入する自治体も増えており、近年多発する豪雨…

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年1月25日付
県内外
2021年1月25日付
県内外
2021年1月25日付
県内外
2021年1月25日付
県内外
2021年1月25日付