一関・平泉

勇気、希望 力強く 「2代目時の太鼓」御用納め式【一関】

1年の締めくくりとして勇壮な音を響かせた2代目時の太鼓の打ち納め

 江戸時代をルーツとした「2代目時の太鼓」の御用納め式は28日、太鼓が展示されている一関市のJR一ノ関駅構内にある新幹線コンコースで行われた。毎年恒例の大巡行が行われる一関夏まつりが中止となるなど、新型コロナウイルスの影響が続いた1年を振り返りながら、終息への願いを込め、打ち納めとして勇壮な音を響かせた。

 式には時の太鼓顕彰会や市、一関青年会議所、市観光協会、同駅の関係者ら約20人が出席。初めに、市観光協会の佐々木賢治会長が「これまでもうれしいこと、つらいことがあったときでも時の太鼓は一関の歴史の中で時を刻んできた。今回も市民に太鼓の音色が勇気と希望、心の安らぎを与えてほしい。新しい年もウィズコロナの中だが、より良い年になるよう願いを込めたい」とあいさつ。

 関係者が太鼓の前に設けられた祭壇に拝礼した後、時の太鼓顕彰会の和泉拓磨副会長が力強く打ち納めをした。同顕彰会の栁橋信行会長が「笑顔があればその先には幸せがあるという思いを持って、来年もみんなで楽しみながら頑張っていきたい」と述べて三本締めを行った。

 時の太鼓は江戸時代、城下町に時刻を告げるため、一関藩が幕府から特別に許可を得て毎日正午などに打ち鳴らしたとされ、「一関に過ぎたるものは二つあり、時の太鼓と建部清庵」と評された。当時の太鼓は同市真柴の長昌寺に所蔵されており、同駅に展示されている2代目時の太鼓は、東北新幹線開業を祝い1983年に製作。顕彰会が中心となって毎年8月に開かれる一関夏まつりで巡行しているが、今年は新型コロナの影響で中止となった。顕彰会としての演奏披露の場もJR東北線一ノ関―盛岡間の開業130周年記念事業やいちのせき秋まつり農業フェスタなどに限られ、例年よりも少なかったという。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年1月22日付
一関・平泉
2021年1月22日付
一関・平泉
2021年1月22日付
一関・平泉
2021年1月22日付
一関・平泉
2021年1月22日付