県内外

【新型コロナ】新たに12人感染 花巻、北上の男性2人も

 県と盛岡市は10日、新たに10~90代以上の男女12人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。重症者はいない。県内の患者累計は429人となった。

 感染が判明したのは、いずれも盛岡市の70代男性、60代女性、20代会社員男性、10代女性、90歳以上女性、矢巾町の20代会社員女性、花巻市の30代会社員男性、北上市の60代会社員男性、久慈市の50代会社員女性、いずれも一戸町の50代団体職員女性、20代女性、20代男性。

 花巻市と北上市の男性は職場関係で、盛岡市の患者の接触者。久慈市の女性は、既に感染が判明している親族5人と3日に会食していた。一戸町は別居も含めた家族で、県外での行動歴が確認されている。

今まで通り冷静な対応を 首都圏緊急事態受け北上市長

 首都圏1都3県に新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言再発令を受け、北上市新型コロナウイルス感染症対策本部長の髙橋敏彦市長は、市民に冷静な対応を求めるメッセージを出した。

 この中で髙橋市長は「市内でも年末の会食による感染の報告はあるが、感染経路が分かり市中感染が広がっている状況にはないので、市民には冷静な対応をお願いする。市は国、県の方針に沿って感染対策を決定していく。市関連施設の使用方法等も個別に対応を検討するが、現段階では感染防止対策を徹底しながら、今まで通りの対応とする」としている。

感染対策徹底呼び掛け 花巻市長

 花巻市新型コロナウイルス感染症対策本部長の上田東一市長は、市民に感染対策徹底を呼び掛けるメッセージを発した。

 この中で上田市長は「新型コロナは高齢者と基礎疾患を持つ人の生死に関わる重大な感染症であることが明らかになっている。若い人も含め全ての市民が感染症にかからないことを意識して行動すること、他の人に感染を拡大しないよう行動することが必要。ワクチン接種が広範に利用できるようになるまで感染防止対策を徹底するようお願いしたい」としている。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年5月9日付
県内外
2021年5月9日付
県内外
2021年5月9日付
県内外
2021年5月9日付