奥州・金ケ崎

好みの花で思い思いに ハーバリウム講座 県立花きセンター【金ケ崎】

ハーバリウムを制作する受講者

 県立花きセンターが主催するハーバリウム講座は12日、金ケ崎町六原の同センターで開かれ、受講者が制作を通して草花の魅力に触れた。

 2020年度花き消費者研修として、花を生活に取り入れる方法を学んでもらおうと昨年度に続き開催した。奥州市と北上市から幅広い年代の女性14人が受講。花や緑などの普及促進活動に取り組むNPO法人GreenFields(盛岡市)の吉川三枝子代表理事ら2人が講師を務め、新型コロナウイルスの感染防止対策を取って実施した。

 講座では、同NPOが持ち寄ったドライフラワーやプリザーブドフラワーなどの花材から好みの物を選んで制作した。受講者は助言を受け、完成時の向きや花材の密度などに注意し、草花が崩れないよう慎重に作業。専用のオイルを注ぎ込むと、色使いや配置などを工夫した個性的な作品が仕上がった。

 講座の最後には、全員分を並べて鑑賞し合った。冬休み中に受講した樋口咲希さん(北上市立飯豊小学校4年)は「ハーバリウム作りは好きで3回目だが、紫色の花を使っていつもよりうまく作れた。玄関に飾りたい」と話していた。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2021年4月15日付
奥州・金ケ崎
2021年4月15日付
奥州・金ケ崎
2021年4月15日付
奥州・金ケ崎
2021年4月15日付