北上・西和賀

内記氏が出馬正式に表明 次期西和賀町長選

 西和賀町の行政書士内記和彦氏(59)=同町沢内字前郷=は15日、町内で記者会見し、11月19日に任期満了となる次期町長選への出馬を正式に表明した。「希望ある未来づくりにリーダーとして力を尽くしたい」と決意を示した。

 内記氏は2017年の前回選、町政刷新の立場から町職員を退職して出馬し小差で落選。直後から有権者の励ましの声を受け次期町長選に向け政治活動を行ってきたことや、人口減少・少子高齢社会における持続可能なまちづくりの必要性を出馬理由に挙げた。

 中でも行政運営について現町政はトップダウン型で住民が施策に疑問を持つ場面が多いとし、「誰にでも分かりやすく住民に身近な行政運営をしていきたい」と述べた。

 政策には▽健康と暮らしの質を高める▽産業強化につながる景観づくりと地場エネルギーの活用▽人材養成▽公共施設などの整理―など5項目を掲げた。

 次期町長選に立候補を表明したのは同氏が初めて。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2021年3月1日付
北上・西和賀
2021年3月1日付
北上・西和賀
2021年3月1日付
北上・西和賀
2021年3月1日付
北上・西和賀
2021年3月1日付