奥州・金ケ崎

美しい音色間近で 衣里小 児童が演奏家と交流【奥州】

木戸口さんのクラリネット演奏などに合わせてステップを踏むなど交流した衣里小2、3年生

 奥州市の前沢ふれあいセンターは「いわての演奏家とつくる音楽会」アウトリーチ事業を18日、同市衣川の市立衣里小学校で実施した。共に北上市出身のクラリネット奏者木戸口夏海さん、ピアノ奏者吉田菜穂子さんが学校を訪問して演奏を披露しながら児童らと交流し、音楽の魅力を伝えた。19日も同校で行われる。

 初日は午前に2、3年生、午後に4年生を対象に開かれ、このうち午前は児童19人が参加した。木戸口さんの演奏、吉田さんの伴奏による楽曲と吉田さんのピアノ演奏のほか、2人がそれぞれの楽器の仕組みなども紹介。木戸口さんが児童の輪の中に入り、演奏に合わせて児童はステップを踏んで行進するなどにぎやかな交流も楽しんだ。

 木戸口さんはクラリネットの四つの魅力として▽幅広い音量▽音色▽幅広い音域▽速いパッセージ(指を速く動かす)―を説明し、最後に「四つの魅力が詰まった曲。指の動きにも注目して、どういう情景か想像しながら聞いてほしい」と語って「協奏的大二重奏曲 3楽章」(ウェーバー)を披露。吉田さんのピアノの旋律に乗せ、木戸口さんが奏でる豊かなクラリネットの響きに児童も拍手を送り、自身もピアノを習っている3年の菅原琴羽さん(9)は「きれいな音がいっぱいあったのがすごいと思った。ピアノも指の動きが速いのが勉強になった」と語っていた。

 同事業は小中学校や地域コミュニティの場などにアーティストと訪問し、本物の舞台芸術を届ける取り組みとして、同センターと北上市文化交流センターさくらホールの連携により実施している。19日は午前に5年生、午後に6年生を対象として行う。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2021年3月5日付
奥州・金ケ崎
2021年3月5日付
奥州・金ケ崎
2021年3月5日付
奥州・金ケ崎
2021年3月5日付
奥州・金ケ崎
2021年3月5日付