一関・平泉

ニャンとありがたき 東日本最大級 猫神様 花泉・油島 羽養権現社跡 養蚕業見守る【一関】

羽養権現社跡に祭られている石造りの猫神様。その大きさは東日本最大級だ

 2月22日は「猫の日」。一関市花泉町油島字柿ノ木の羽養権現社跡には、巨大な石造りの猫神様が祭られている。台座を含めた高さ約90センチ、横約1メートル、幅約60センチ。猫碑などを調査している村田町歴史みらい館(宮城県)の石黒伸一朗専門員は「ネコの石像のほとんどは小さく、ここまで大きいのはとても珍しい。東日本最大級だろう」と語る。

 羽養権現社は、地元では蚕養(さんよう)神社とも呼ばれ、ネズミから蚕を守るネコを神として祭っていた。社殿は大正、昭和時代の養蚕家たちが奉納したネコをかたどった絵馬、木像、版画、歌が書かれた額などで埋められており、石黒専門員は同神社を調査していた。

 最盛期には県外からも参拝に来たが、養蚕業の衰退とともに減少。東日本大震災などの影響もあり、2012年に社殿は取り壊された。現在の羽養権現社跡は隣接する宝祥寺が管理しており、社殿にあった奉納品の多くは石黒専門員が調査していた縁で村田町歴史みらい館が保管している。

 石造りの猫神様は、1914(大正3)年に奉納され、当初は境内の南側にあったが、現在は社殿跡に鎮座している。北東側には35(昭和10)年に涌津地区から奉納されたネコの石像もある。

 社殿もなくなり、参拝者も減り、猫神様の表情は少し寂しげ。花泉町先人顕彰会の佐藤佐津夫さんは「養蚕業の盛んな頃は地元だけでなく、花泉町内の養蚕家が多く来たのだろう。倒れている石柱などを片付け、敷地内の環境を整えれば、また人が来てくれるかもしれない」と再び脚光を浴びることを願う。

▲社殿の木鼻にあったネコの彫刻。このほか、奉納されていた絵馬や木像などの多くは村田町歴史みらい館で保管している(同館提供)

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年2月25日付
一関・平泉
2021年2月25日付
一関・平泉
2021年2月25日付
一関・平泉
2021年2月25日付
一関・平泉
2021年2月25日付