一関・平泉

新1年生 交通ルール守るよ 東磐井安協【一関】

交通安全の修了証を受け取った清心幼稚園の年長児ら

 東磐井地区交通安全協会(佐藤修蔵会長)が主催する交通安全教室は22日、一関市千厩町のカトリック清心幼稚園で開かれた。一年を通して管内の教育施設で開いている教室の2020年度最終回で、交通指導員が腹話術や歌などを披露して、交通ルールを守る大切さを呼び掛けた。

 同協会の交通安全教室は、管内の幼稚園や保育園など21施設で年3回ずつ実施。今年度は新型コロナウイルスの影響で一部予定に乱れが出たが、未就学児230人に交通指導を行った。

 同日は三浦祐子交通指導員が、年長児、年中児合わせて22人を指導。腹話術の人形「とまる君」や、交通安全マスコットキャラクター「ぶじカエルのケロキチ」とのやりとりを通し、公道での歩き方や横断歩道の渡り方、シートベルトやチャイルドシートの使い方などを教えた。

 園児は一年を通して学んできた交通ルールをおさらいし、道路では遊ばないことや飛び出しはしないことを確認。これからも決まりを守って生活する誓いを立て、年長児は同協会発行の修了証を受け取った。

 三浦指導員は「年長さんは間もなく小学校に上がり、スクールバスで通う児童も出てくる。これからも教わったことを守っていってほしい」と呼び掛けていた。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年5月7日付
一関・平泉
2021年5月7日付
一関・平泉
2021年5月7日付
一関・平泉
2021年5月7日付