一関・平泉

コート狭しと駆け回り ジュニアフットサルフェス【一関】

得点を奪い喜びを爆発させる選手たち

 はなまるカップ2021第4回ジュニアフットサルフェスティバル(NPO法人ファンスポルト一関主催、はなまるリビング特別協賛)は27日、一関市狐禅寺の市総合体育館で開かれた。U―11(小学5年生以下)クラスに12チームが出場し、優勝を目指して白熱した試合を繰り広げた。

 選手たちの技術向上などを目的に開催され、同市のフットサルチーム・ヴィヴァーレ一関が主管。これまではU―11、U―9の両クラスが行われていたが、今年は新型コロナウイルス感染対策としてU―11のみとした。

 一関市、奥州市、平泉町、宮城県などのスポーツ少年団がエントリー。3チームずつのブロック戦と、ブロックの成績による順位決定トーナメントで争った。

 選手たちは攻守に激しいプレーを展開し、コート狭しと駆け回っていた。出場チームとヴィヴァーレ一関との特別ゲームも行われ、ヴィヴァーレからゴールを奪うと選手たちは喜びを爆発させていた。

 主な結果と個人賞は次の通り。(敬称略)

 (1)Mario Vitoria FC(遠野)(2)F・Wings一関(3)マリオ ヴィトーリア FC

 ▽ベスト5=菊池大河(Mario Vitoria FC)菊地翔太(水沢ユナイテッドFC・イーストU―11)佐藤汰星(千厩SC)畑山大海(一関南)菊池大輝(マリオ ヴィトーリア FC)

 ▽はなまるバロンドール=小岩飛蒼(F・Wings一関)

 ▽ベストチームワーク賞=一関サッカースポ少

 ▽ベストエモいスト賞=水沢ユナイテッドFC・イーストU-11

 ▽ベストコーチング賞=伊藤稔(千厩SC)

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年4月19日付
一関・平泉
2021年4月19日付
一関・平泉
2021年4月19日付
一関・平泉
2021年4月19日付