県内外

仕事中の癒やしに ワーケーションプラン提供 プリンスホテル【岩手】

雫石プリンスホテルが新たに提供を始めたワーケーション向け仕事専用ルーム

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い全国でテレワークが広がる中、雫石町の雫石プリンスホテル(長沢浩司支配人)は、働きながら休暇を取る過ごし方となるワーケーションを支援するプランの提供を始めた。一部客室を仕事専用ルームに切り替えたり、ゴルフやスキーといったアクティビティが楽しめる特典を付けるなど、リゾート地ならではのサービスで誘客を図る。

 新たな利用客を呼び込もうと、251ある客室のうち3室を仕事専用ルームに変更。デスクやプリンター、シュレッダー、モニターを配置し仕事が効率的に進められるよう環境を整えた。

 ワーケーションプランでは、仕事専用ルームを有料で利用できるほか、ホテル近くにある雫石ゴルフ場の平日9ホールプレーや雫石スキー場のリフト券、ロープウェーの乗車が無料になるなどリゾート地ならではの特典を付加。このほか周辺の親光スポットと連携した特典などもある。

 2月下旬にサービスを開始して以降、11日現在で約20件の予約があるなどまずまずの滑り出しとなっている。プリンスホテルの吉田修東北地区事業戦略アシスタントマネジャーは「岩手山やゲレンデなどの雄大な景色を眺めながら仕事をすれば良いアイデアにもつながると思うので、ぜひ利用してほしい」と呼び掛ける。

 同プランの1室1泊1人当たりの料金は、短期(3~6泊)が1万6000円、中期(7~27泊)が1万5000円、長期(28~31泊)が1万3000円。仕事専用ルームの利用料金は、2時間4000円、4時間5000円、8時間7500円。

 問い合わせは同ホテル=019(693)1114=へ。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年4月18日付
県内外
2021年4月18日付
県内外
2021年4月18日付
県内外
2021年4月18日付