奥州・金ケ崎

敷きわらから自然発生か 容疑者不詳で書類送検 岩手競馬禁止薬物問題 県警

 岩手競馬の競走馬から禁止薬物の筋肉増強剤(ボルデノン)が相次いで検出された問題で、県警は19日、厩舎(きゅうしゃ)の敷きわらから一定の条件下で禁止薬物の成分が自然発生した可能性が高いとし、容疑者不詳のまま競馬法違反(禁止薬物使用)容疑で盛岡地検に書類送検した。禁止薬物問題の一連の捜査は事実上終結する見通しとなった。

 薬物問題をめぐっては、2018年7月から19年11月にかけ、競走馬通算12頭からボルデノンが検出された。県警は1頭目の陽性馬が確認されて以来、競馬法違反事件を視野に捜査。対象はレース出走後に薬物が検出された計5頭で、残る7頭は全頭検査による検出のため除外となった。

 温度や湿度など一定条件下で敷きわらから薬物が自然発生する事例が国内外で確認されている。今回の事案で、県警は流通経路の初期段階から敷きわらに薬物が自然発生し、馬が食べた可能性があるとして県競馬組合に厩舎の敷きわらの全廃棄などを要請。20年3月までに同組合が全厩舎の敷きわらをウッドチップに交換して以降、陽性馬の発生は確認されていない。

 一方、競馬関連施設に設置された防犯カメラには死角があり、何者かが薬物を混入させた疑いも完全に排除できないことから容疑者不詳とした。

 同組合では18、19年度に予定していたレース計21日分を中止。関連施設に防犯カメラを増設し、監視体制を強化していた。県警の捜査が終結する見通しとなったことを受け、同組合管理者の達増拓也知事は「県警には鋭意捜査を尽くしていただいた。引き続き公正な競馬を提供できるよう関係者と職員が一丸となり再発防止に取り組んでいく」とコメントした。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2021年4月21日付
奥州・金ケ崎
2021年4月21日付
奥州・金ケ崎
2021年4月21日付
奥州・金ケ崎
2021年4月21日付