県内外

石割桜、春の装いに【岩手】

石割桜に巻かれたこもを取り外す職人=23日午前8時50分ごろ、盛岡市内丸

 盛岡市内丸の盛岡地裁敷地内で23日、国の天然記念物・石割桜の雪囲いが地元の職人によって取り外され、春の装いとなった。

 石割桜は、樹齢350年以上とされるエドヒガン。冬の寒さをしのぐため、昨年11月下旬に雪囲いを行った。

 同日は朝から春の日差しが降り注ぎ、同市の最高気温は10・0度(盛岡地方気象台調べ)となった。市内の造園業者「豊香園」の職人8人が作業。周囲4・5メートルの幹に巻き付けたこもを外したほか、枯れ枝の剪定(せんてい)を行った。

 同社の藤村尚樹社長(45)は「雪の被害もなく、つぼみも順調に育っている。4月中旬ごろには花を咲かせてくれそう」と話していた。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年4月20日付
県内外
2021年4月20日付
県内外
2021年4月20日付
県内外
2021年4月20日付