北上・西和賀

秘湯に近づく春の足音 除雪作業始まる【北上】

冬季通行止めとなっている県道夏油温泉江釣子線で始まった除雪作業

 冬季通行止めとなっている北上市和賀町の県道夏油温泉江釣子線(約5・8キロ区間)で26日、除雪作業が始まった。時折晴れ間がのぞく中、秘湯・夏油温泉につながる道路で除雪車がうなりを上げながら、うず高く積もった雪を吹き飛ばした。県ではゴールデンウイーク前後の通行止め解除を目指している。

 夏油高原スキー場分岐点付近から夏油温泉までの区間は昨年11月11日から冬季通行止めとなっている。同日の冬季閉鎖ゲート付近の積雪量は2メートル近くあり、除雪開始は暖冬だった昨年より1週間ほど遅い。

 作業開始地点のゲート前では県南広域振興局北上土木センターの職員と関係業者の10人が出席して安全祈願祭が行われた。各代表者が玉串をささげ、除雪作業の無事故を祈願した。神事後には早速ロータリー除雪車が出動。ローラーで雪をかき込み、路外に勢いよく吹き出しながら前進した。

 同センターの守谷康道路環境課長は「今冬は大雪で心配したが、ここの積雪は例年よりちょっと多いかなという程度。夏油温泉は重要な観光施設でもあり、早く通行できるよう安全第一で除雪作業を進めたい」と話している。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2021年4月23日付
北上・西和賀
2021年4月23日付
北上・西和賀
2021年4月23日付
北上・西和賀
2021年4月23日付