奥州・金ケ崎

金ケ崎大橋 補修工事で交通規制 12月まで

 奥州市水沢佐倉河と金ケ崎町西根をつなぐ国道4号の金ケ崎大橋で、補修工事のため3日午後9時から交通規制が行われる。幅2・5メートルを超える特殊車両と歩行者は終日通行不可とし、期間は12月26日の午前6時までを予定している。最寄りの迂回(うかい)路は県道270号(西根佐倉河線)。

 両市町の境をまたぎ胆沢川に架かる金ケ崎大橋は、1976年に供用を開始。老朽化のため、国土交通省岩手河川国道事務所が大規模な補修を行っている。入札結果によると2020年9月5日から工期に入っており、22年2月16日までの予定。工事契約額は約4億9800万円。

 通行時には現地の交通誘導員の指示に従って通行する。規制期間は作業状況や天候などで変更される場合がある。

 現場は同国道上で東北道水沢インターチェンジにも近く、交通量が多い。同事務所は「ご不便をお掛けするが、ご理解とご協力をお願いしたい」としている。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2021年11月29日付
奥州・金ケ崎
2021年11月29日付
奥州・金ケ崎
2021年11月29日付
奥州・金ケ崎
2021年11月28日付