奥州・金ケ崎

ヤリス初の首位 20年度車名別新車販売

20年度国内新車販売で首位となったトヨタ自動車の小型車「ヤリス」(同社提供)

 2020年度の国内新車販売の車名別ランキングは、トヨタ自動車が昨年2月に発売した小型車「ヤリス」が20万2652台で初めて首位となった。過去3年間トップだったホンダの軽自動車「N―BOX」は前年度比20・1%減の19万7900台で、2位に後退した。

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が6日、発表した。

 ヤリスは、金ケ崎町のトヨタ自動車東日本岩手工場で生産。昨年8月に発売された小型SUV(スポーツ用多目的車)「ヤリスクロス」が全体の台数を押し上げた。発売後約2カ月分しか計上できなかった19年度(1万6655台)と比べ、販売台数は12倍超に伸びた。

 軽自動車の上位陣の顔ぶれは19年度とほぼ変わらないが、軽以外の登録車ではトヨタの小型SUV「ライズ」が5位に入った。

 同時に発表された21年3月のランキングは、ヤリスが前年同月比2倍超の2万8466台となり、昨年9月以降7カ月連続で首位となった。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2021年12月7日付
奥州・金ケ崎
2021年12月7日付
奥州・金ケ崎
2021年12月7日付
奥州・金ケ崎
2021年12月7日付