花巻

“花巻味”ジェラート 農畜産物魅力生かし あすキッチンカー出店 道の駅西南

試食会でジェラートを味わう子供たち
試食会で提供したジェラート

 花巻市轟木の道の駅はなまき西南(安藤功一駅長)に、花巻産の生乳や果物などを使用したジェラートを販売するキッチンカー「夢ジェラート」が17日に登場する。安藤駅長(63)は「利用客に地元の味を楽しんでもらいたい」と、ご当地アイスが道の駅の目玉となることを期待している。

 キッチンカーを出店するのは、介護や建設、農業事業などを展開する同市の夢コーポレーション(髙橋政紀代表取締役)。2020年9月ごろから、花巻産の農産物の魅力を広めるとともに、もともとつながりのあった同道の駅の名物を作りたいと、ジェラートの開発に乗り出した。同11月ごろから試作・研究を重ね、販売にこぎ着けた。

 ジェラートは、同市湯口の加工場で製造。同市の酪農業アグリファインの生乳を使った「ミルク」、佐藤ぶどう園のブドウジュースを使った「ブドウ」のほか、きな粉、抹茶、チョコバナナなど10種類ほどを用意した。今後、季節商品も並べる予定だ。

 一番の売りはミルク。生乳本来のおいしさを生かしながら甘さもあり、濃厚な味が口に広がる。

 14日からは同道の駅で一日100食限定の試食会を実施しており、多くの利用客が味わった。同市轟木の理容師堀田朝美さん(38)は「ミルク感が強いがしつこくない。近所にジェラートを食べられる場所ができるのはうれしい」と笑顔を見せた。16日も正午から試食会を行う。

 キッチンカーの店長でパティシエの葛岡寛子さん(38)は「地元の方に愛される味を提供できれば。ゆくゆくは全国の方に知ってもらえるようなジェラート屋を目指したい」と話す。

 ジェラートはダブル400円(税込み)、トリプル500円(同)。キッチンカーは常駐する。営業時間は、23日までは正午~午後5時、24日以降は午前10時~午後5時。

 問い合わせは、同社=0198(41)6388=へ。

地域の記事をもっと読む

花巻
2021年5月14日付
花巻
2021年5月14日付
花巻
2021年5月14日付
花巻
2021年5月14日付