県内外

新たに34人感染 滝沢で高齢者施設クラスター

 県と盛岡市は29日、新たに20~90歳以上の男女34人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1日の新規患者数としては過去2番目。滝沢市の高齢者施設で入居者や職員合わせて26人が感染し、県は新たなクラスター(感染者集団)と認定した。重症者はいない。県内の患者累計は901人となった。

 高齢者施設クラスターでは60~90歳以上の入居者21人と、盛岡、滝沢、雫石3市町の20~60代の女性職員5人が感染。28日発表分の入居男性1人の感染を受け、隣接する入居型、通所型合わせて計3施設の入居者と職員計79人を検査し判明した。県は29日、いわて医療福祉施設等クラスター制御タスクフォースを派遣し、入院調整や施設への感染対策指導などについて支援を開始した。

 飲食店を起点とした職場クラスター関連では、患者の同居家族で奥州市の60代自営業男性が感染し累計8人となった。

 このほか、患者の職場同僚や同居家族で接触歴がある花巻市の30代会社員男性、釜石市の40代会社員男性、奥州市の60代男女2人がそれぞれ感染した。

 感染経路不明でいずれも盛岡市の50代団体職員、1回目のワクチンを接種している20代看護職、20代の女性3人が判明した。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年5月8日付
県内外
2021年5月8日付
県内外
2021年5月8日付
県内外
2021年5月8日付