県内外

宮城で震度5強 一関5弱、津波なし

 1日午前10時27分ごろ、宮城県沖を震源とする地震があり、同県石巻市などで震度5強、本県では一関市などで震度5弱の揺れを観測した。気象庁によると、震源の深さは51キロ。地震の規模(マグニチュード)は6・8と推定される。地震による津波はなかった。

 地震により、宮城県女川町の入浴施設で窓ガラスが割れ、利用客の男女2人がけがをした。消防によると、福島県相馬市では80代女性が屋内で転倒し、左手首にけがをした。

 気象庁の束田進也地震津波監視課長は記者会見し、「1週間程度は最大震度5強程度の地震に注意してほしい」と話した。東北地方は1日夜、大雨が予想され、揺れで緩んだ崖の崩落などに気を付けるよう呼び掛けた。

 東京電力によると、東京電力福島第1、第2原発で異常は確認されていない。東北電力によると、女川原発(宮城県)と東通原発(青森県)でも異常はないという。

 JR東日本によると、地震で東北新幹線は大宮―新青森間で運転を見合わせたが、1日午後に全線で運転を再開した。

 主な各地の震度は次の通り。

 震度5強=宮城県大崎市、涌谷町、石巻市

 震度5弱=宮城県気仙沼市、登米市、栗原市、南三陸町、仙台市、東松島市、女川町、岩沼市、蔵王町、青森県階上町、釜石市、一関市、福島県相馬市、南相馬市

 震度4=宮城県塩釜市、名取市、青森県八戸市、陸前高田市、盛岡市、花巻市、北上市、奥州市、金ケ崎町、平泉町、福島市、福島県郡山市、いわき市、秋田県大仙市、山形県中山町、茨城県常陸太田市

【時事】

県内、人的被害 確認されず

 最大震度5弱を観測した県内では、人的被害は確認されなかった。一部で建物被害が発生したほか、列車の運休・遅れ、高速道の一時通行止めの影響があった。

 県によると、午後5時現在で遠野市の非住家1棟で擁壁の一部が倒壊した。

 道路関係では、東北道の平泉前沢―若柳金成IC(インターチェンジ)間が一時、全面通行止めとなった。

 鉄道関係では、東北新幹線やJR東北線などで、一時運転を見合わせた影響により、運休や遅れが発生した。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年5月17日付
県内外
2021年5月17日付
県内外
2021年5月17日付
県内外
2021年5月17日付