県内外

朗希1軍デビュー

プロ初登板のロッテ先発・佐々木朗=16日、ゾゾマリン

 プロ野球ロッテの佐々木朗希投手(19)=大船渡高出=は16日、ZOZOマリンスタジアムで行われた西武戦で1軍初登板初先発を果たした。107球を投げて最速154キロをマークし、5回4失点5奪三振2四球で、勝敗は付かなかった。【8面に関連】

 佐々木朗は一回、先頭打者の安打などで1死一、三塁とピンチを迎えたが、相手の4番山川穂高(富士大出)から三振を奪うなど後続を断ち、無失点で乗り切った。その後も150キロ超の直球を柱に粘りの投球を見せたものの、4―0の三回に味方の失策と連打などで3失点し、五回には2死三塁から暴投で同点を許して降板した。直後に味方が勝ち越して勝利投手の権利を得たが、救援陣が同点に追い付かれてプロ初登板初勝利はならなかった。

 佐々木朗は、大船渡高時代に高校生最速となる163キロをマークし、2019年のドラフト会議で4球団から1位指名を受けロッテに入団。昨季は実戦登板はなく、今季は2軍で好投を続け、今月14日に1軍に合流していた。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年6月22日付
県内外
2021年6月22日付
県内外
2021年6月22日付
県内外
2021年6月22日付