県内外

新型コロナ/高齢者1人死亡 新規18人感染【岩手】

 県と盛岡市は19日、新型コロナウイルスに感染した基礎疾患のある高齢者1人が死亡、新たに20~70代の男女18人の感染が確認されたと発表した。重症者はいない。県内の死者は42人、患者累計は1275人となった。

 花巻市では、患者と接触歴のある50代の公務員男女2人、いずれも接触歴のない北上市の40代会社員男性と中部保健所管内の20代女性が感染した。

 盛岡市では、20~50代の男女9人で、地域クラスター(感染者集団)関連患者が1人増え累計18人となった。このほか、滝沢市2人、県央保健所管内2人、釜石市1人の感染も確認された。患者2人が回復し重症者1人となった。

 県は同日までに、中部保健所管内の学校クラスター関連が計23人、同管内の教育保育施設クラスター関連が計26人と発表。患者の内訳や詳細は非公表とした。

 県警は同日、本部に所属する盛岡市の20代男性職員の感染が確認されたと発表した。県警の感染者は初。感染経路不明で、市民と接触する業務だが、マスクなどの感染対策は行っていたという。感染拡大防止のため、県警は男性とその同僚5人について当面の間自宅待機とした。

 花巻市教委は19日、新型コロナウイルス拡大防止のため14日から臨時休校にしていた市内の学校で、新たに教職員の感染が確認されたため、休業期間を21日まで延長すると発表した。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年6月19日付
県内外
2021年6月19日付
県内外
2021年6月19日付
県内外
2021年6月19日付