一関・平泉

春夏秋冬 きょうから6月

 ツツジは古くから日本人と関わりが深く万葉集にもツツジを詠んだ歌が多く残されているという。新緑の季節、赤く燃えるような花を咲かせるツツジは生命力の象徴のようでもある。

 ヤマツツジやレンゲツツジ約20万本が群生するツツジの名所が一関市の室根山(895メートル)。ふもとから咲き始めたツツジは日に日に範囲を広げ、山頂付近もほぼ満開となった。今年は新型コロナウイルスの影響で昨年中止した「室根山つつじまつり」も2年ぶりに開催しており、行楽客が今が盛りと咲き誇る花を満喫している。市観光協会室根は感染対策の協力も呼び掛けており、山頂付近のツツジの回廊もマスクを着けた人が行き交う普段とは違った光景が見られている。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年6月22日付
一関・平泉
2021年6月22日付
一関・平泉
2021年6月22日付
一関・平泉
2021年6月22日付