奥州・金ケ崎

珠算団体、水商V13 来月全国出場へ 県高校ビジネス計算競技大会【奥州】

県高校ビジネス計算競技大会珠算団体優勝の水沢商(前列)と電卓団体優勝の盛岡商。前列左から髙橋さん、末吉さん、村上さん

 2021年度県高校ビジネス計算競技大会は5日、奥州市の県立水沢商業高校で行われ、珠算の団体では水沢商が13連覇を果たし、7月に開かれる全国大会への出場を決めた。

 県高校珠算・電卓競技大会が前身の大会で、県高校商業教育協会が主催。20年度は新型コロナウイルスの影響で中止され、2年ぶりの開催となった。珠算、電卓の2部門で団体と個人、種目別の競技が行われ、珠算に2校7人、電卓に5校37人が出場した。

 団体は出場3人以上の学校が対象で、各校の個人上位3人の合計得点で競う。珠算は実質水沢商のみの出場となったが、個人上位3位を独占して計1140点を挙げた。

 420点で個人トップの末吉彩夏さん(3年)は「応用計算で分からないところを練習で減らしたのが得点アップの要因。みんな緊張して納得がいく点数でなかった人もいたが、結果は出せたので優勝は喜ぶべきこと。全国大会に向けて改善していきたい」と笑顔を見せた。

 全国大会の出場枠は珠算、電卓とも5人。珠算で水沢商は末吉さんに加え、個人2位の村上瑞姫さん(1年)、同3位の髙橋心優さん(同2年)のチームで挑むほか、平賀浩聖さん(花北青雲1年)と冨岡輝希さん(同3年)が出場する。

 全国大会は7月23日に開催。県大会と同じルールで競い、コロナ禍のため各都道府県会場で実施し、成績を照会し合う方式を取る。

 珠算の団体と個人を除く結果は次の通り。(敬称略)

 【珠算】

 ◇種目別▽読上暗算(1)末吉彩夏(2)村上瑞姫(3)千葉空(水沢商)

 ▽応用計算(1)末吉彩夏(2)髙橋心優(3)冨岡輝希

 ▽読上算(1)髙橋心優(2)村上瑞姫(3)冨岡輝希

 【電卓】

 ◇団体(1)盛岡商(熊原春奈、太田志穂、鳴海友香)1420点(2)宮古商工(3)花北青雲

 ◇個人(1)熊原春奈480点(2)太田志穂、鳴海友香

 ◇種目別▽応用計算(1)宮森遥花(盛岡商)(2)太田志穂(3)鳴海友香

 ▽読上算(1)半澤渉(盛岡商)(2)吉田歩季(同)(3)熊原春奈

 ※電卓は個人上位3人と澤田友羅(宮古商工)、伊藤真央(同)が全国大会出場


【訂正・7日付】電卓の個人2位の鳴海友香さんの名前に誤りがありました。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2021年6月19日付
奥州・金ケ崎
2021年6月19日付
奥州・金ケ崎
2021年6月19日付
奥州・金ケ崎
2021年6月18日付