県内外

新型コロナ/新たに18人感染 県内1534人【岩手】

 県と盛岡市は9日、新たに10~60代の男女18人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。重症者はいない。県内の患者累計は1534人となった。

 中部保健所管内は接触歴のある20代会社員女性と、感染経路不明の20代男性と60代会社員男性。盛岡市は11人で、このうち接待を伴う飲食店クラスター(感染者集団)関連で30代飲食店店員男性が判明し、計11人となった。

 このほか、県央保健所管内3人、紫波町1人も判明した。

クラスター収束 奥州の高齢者施設

 県は9日、大規模クラスター(感染者集団)が発生した奥州市の高齢者施設について、新たな感染が2週間以上確認されなかったことから、感染が収束したとの見解を示した。

 4月28日に最初の患者が発生以降、これまでに入所者51人、職員24人、職員の家族ら5人の計80人が感染し、県内過去2番目規模のクラスターとなった。県は「いわて医療福祉施設等クラスター制御タスクフォース」を派遣し感染対策を指導。5月25日に最後の患者が確認後、新たな感染はなく濃厚接触者の調査終了を受け収束したと判断した。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年6月16日付
県内外
2021年6月16日付
県内外
2021年6月16日付
県内外
2021年6月16日付