一関・平泉

12年ぶり選挙戦へ 一関市長選 佐藤氏が出馬表明

今秋行われる一関市長選への立候補を表明する佐藤氏

 一関市副市長の佐藤善仁氏(63)=同市銅谷町=は10日、任期満了に伴う市長選(9月26日告示、10月3日投開票)に立候補すると表明した。今週に入って市議有志から出馬要請を受けていた。勝部修市長に同日付で辞表を提出、受理された後、市役所内で記者会見した佐藤氏は「来たる市長選に出馬させていただきたい。市をより良い方向に導いていく」と決意を述べた。今秋の市長選には既に新人1人が立候補を表明しており、2009年以来12年ぶりに選挙戦となる見通しだ。

 会見で佐藤氏は「新型コロナウイルス感染症への対応をはじめ、総合計画の推進など手を緩めずに進めていかなければならない仕事がたくさんある。これらの課題に適切に対処していくためには皆さまの要請にお応えし、私自身がさらに努力していくしかないという結論に至った」と出馬の決意を述べた。

 勝部市政の継承については「継続すべきものは継続するが、常に変革を求めていくという両路線だ。行政の継続性という点は市民が不安、不便を感じないようにしていかなければならない。それをさらにブラッシュアップしていくという姿勢は常に持っていきたい」と語った。

 会見後には、出馬要請者や、佐藤氏を支持する県議3人、市議12人を含む30人余りが参加して集会が開かれ、佐藤氏が出馬の覚悟を述べた。

 今後、具体的な政策や公約を整理した上で有権者に発表する予定で、7月中旬をめどに旧市町村単位で後援会設立を目指す。

 佐藤氏は同市出身で、明治大卒業後、1984年4月に旧市役所入り。企画振興部次長兼企画調整課長、企画振興部長、市長公室長、総務部長などを歴任。勝部市長の信頼が厚く、2017年4月から4年2カ月余り副市長を務めた。

 これまでの市長選は前回(17年)、前々回(13年)と無投票だったが、今秋の市長選には元市議で歴史研究家の横沢重雄氏(81)=同市三関=が無所属での立候補を表明している。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年6月18日付
一関・平泉
2021年6月18日付
一関・平泉
2021年6月18日付
一関・平泉
2021年6月18日付