花巻

初夏の夜空彩る 花巻・愛木さんら企画の花火大会

花巻の夜空を花火で彩ったスタートアップハナビ=12日、花巻市十二丁目

 花巻市西宮野目の愛木敬介さん(40)らによる花火大会「スタートアップハナビ」は12日夜、同市十二丁目地内で開かれた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で県内の花火大会が中止となる中、クラウドファンディング(CF)で資金を集めて企画。趣旨に協賛した市民らが初夏の夜空を彩る鮮やかな大輪を堪能した。

 愛木さんは全国の同志でつくる煙火粋心会の一員としても活動する。各地で花火大会が中止となり、仕事が減る業者らの役に立ちたいと昨年初めて新型コロナ対策を徹底した花火大会を企画した。

 CFは4月に実施。目標額は70万円だったが、協賛金は2倍の約140万円が集まり、全国の業者から花火玉を購入。会場の花巻スポーツランドには招待された約200人が来場し、鹿踊(ししおどり)なども披露された。

 打ち上げは午後8時ごろから始まり、20分間に4合玉、5号玉などが次々と打ち上げられた。フィナーレの秋田県大曲地域6社の玉を使用した「扇打ちワイドスターマイン」では、上空で花火が放射状に展開すると、観衆から大きな拍手が送られた。

 愛木さんは「多額の資金が集まり、こんなにも皆さんが花火大会を待ち望んでいるのだと実感できた。コロナ禍ではあるが、どうすれば開催できるかを考えることも大切なこと。このような花火大会の輪が他の地域にも広がってくれれば」と願っていた。

地域の記事をもっと読む

花巻
2021年8月3日付
花巻
2021年8月3日付
花巻
2021年8月3日付
花巻
2021年8月3日付