奥州・金ケ崎

走行模型に目輝かせ 鉄道フェスタ始まる 水沢JC【奥州】

水沢メイプルで始まった鉄道フェスタ

 水沢青年会議所(JC)が主催する「鉄道フェスタ2021inメイプル」は12日、奥州市水沢字横町のメイプルで始まった。鉄道模型の展示を中心とした恒例のイベントで、2020年は新型コロナウイルスの影響で中止されており、2年ぶりの開催。初日から多くの親子連れらが訪れた。13日まで。

 県内の愛好者でつくる岩手鉄道模型仲間の会(佐藤徳代会長、会員30人)が共催し、鉄道模型を持ち寄った。

 コーナーを複数の階に分散して展示は入場時間を区切ったほか、コロナ感染通知アプリの提示を求めるなど、スタッフも含めた感染防止対策を取って実施。多数の団体の協力を得て▽鉄道会社などのグッズや駅弁の販売▽一関工業高等専門学校による5インチゲージの乗車体験▽鉄道音楽イベント―も開いている。

 鉄道模型は、縮尺の違う2種類を展示している。大きめのHOゲージは「やまびこ」コレクションを展開。Nゲージは、精緻に作り込まれた街並みなどのジオラマも見どころで、集まった子供たちはレールを走る列車に目を輝かせた。

 毎回来場しているという渡邊幹大君(常盤小学校1年)は「鉄道模型を久々に見られた。(ジオラマの)芸が細かくてすごい」と夢中になっていた。

 最終日の時間は午前10時~午後3時。今回の鉄道フェスタは、水沢JCがメイプル近くのJR水沢駅通りで13日に開く「奥州ビッグバンフェスタ」の協賛事業となっており、同フェスタでは働く車体験会や「奥州エール飯フェスタ」などを催す。

 このほか、水沢駅通りでは同日、奥州商工会議所が第70回水沢商人まつりを開く。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2021年7月31日付
奥州・金ケ崎
2021年7月31日付
奥州・金ケ崎
2021年7月31日付
奥州・金ケ崎
2021年7月31日付