一関・平泉

ペイペイ決済で還元 一関市 小規模事業者支援へ 来月からキャンペーン

 一関市は、新型コロナウイルス感染拡大で影響を受けた市内中小企業者、小規模事業者を支援する一環で、買い物客がスマートフォンの電子決済アプリ「PayPay(ペイペイ)」で決済した際、支払額の最大20%のボーナスポイントを還元するキャンペーンを7月1日に開始する。期間は9月末までの3カ月間。キャッシュレス決済を促進することで、「新しい生活様式」の実践と感染防止を図りながら、消費拡大を目指していく。

 事業は「がんばろう一関! 対象店舗で最大20%戻ってくるキャンペーン」で、市内事業所の売り上げ拡大と事業継続を支援するために実施する。県内では花巻市などで行われ、消費喚起に効果を挙げている。

 期間中に対象店舗でペイペイで支払うと、決算金額の最大20%のペイペイのボーナスポイントが付与される。スマートフォンのペイペイ残高、ヤフーカード、ペイペイ後払い(一括)による決済が対象。ポイントは支払日の翌日から30日後に付与され、ペイペイ決済に使用できる。

 利用者に還元されるポイントは、買い物1回当たり5000円相当、1カ月につき1万円相当が上限となる。具体的には、1回2万5000円の買い物をペイペイで決済すれば、5000円相当がボーナスとして付与される仕組み。市民以外も利用できる。

 対象となるのは、ペイペイ加盟店のうち一関市内に本社や本店がある法人、市内に事業所がある個人事業主で、約800店舗。ただし、コンビニエンスストアなどのフランチャイズチェーンや宿泊施設、公的医療保険の適用となる保健医療機関・保険薬局、公共施設などは対象外。店舗の登録は随時受け付け、対象となった店舗にはのぼり旗など販促ツールが送付される。

 事業費はポイント付与総額として約9300万円で、新型コロナ対応の国の地方創生臨時交付金を活用する。業務は一関商工会議所に委託する。

 問い合わせは同商議所=0191(23)3434=、または市新型コロナ対策本部=0191(21)8730=へ。

事業者、利用者向け説明会開始

 一関市のキャッシュレス決済ポイント還元事業「がんばろう一関! 対象店舗で最大20%戻ってくるキャンペーン」をPRするため、事業を受託する一関商工会議所は15日、事業者向けと利用者向け説明会を開始した。

 初日は一関市駅前の同商議所本所が会場となり、スマートフォンの電子決済アプリ「PayPay(ペイペイ)」の担当者が事業内容や登録方法などについて説明した。

 説明会は16日以降も同商議所の各支所となのはなプラザで開催する。時間はいずれも事業所向けが午前9時30分からと午後1時から、一般利用者向けが午前10時からと午後1時30分から。事前の予約は不要。説明会の日程は次の通り。

 ▽16日=花泉支所▽17日=室根支所▽18日=藤沢支所▽21日=大東支所▽22日=千厩支所▽23日=東山支所▽24日=川崎支所▽28日=なのはなプラザ2階

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年8月3日付
一関・平泉
2021年8月3日付
一関・平泉
2021年8月3日付
一関・平泉
2021年8月3日付