一関・平泉

県大会目指し熱戦 一関地方中総体開幕

一関地方中総体のバスケットボール競技で熱戦を展開する選手=一関市・大東体育館

 第16回一関地方中学校総合体育大会(一関地方中学校体育連盟主催)は19日、一関市内の各会場で開幕した。新型コロナウイルスの感染防止対策を取った上で、初日は6競技を実施。2年ぶりの開催となる県大会への出場を目指し、生徒が熱戦を繰り広げている。【社会面に関連】

 全11競技中、初日は体操、剣道、柔道を除く8競技が行われる予定だったが、雨のため軟式野球とソフトボールが順延となった。

 男子バスケットボール競技には10チームが出場し、同市大東町の大東体育館などでトーナメント1、2回戦を行った。生徒たちはコートを駆け回り、白熱の攻防を展開していた。

 同連盟では各競技原則無観客としたが、選手の家族らに限り人数を制限して観戦を認めた。手指消毒の徹底はもちろん、密を避けた応援の推奨、運動以外でのマスク着用など、新型コロナ感染予防へ最大限配慮した大会運営に努めている。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年8月3日付
一関・平泉
2021年8月3日付
一関・平泉
2021年8月3日付
一関・平泉
2021年8月3日付