奥州・金ケ崎

来月9日から一般予約 奥州市 8月下旬接種開始へ 65歳未満ワクチン

 奥州市の65歳未満を対象とした新型コロナウイルスワクチン接種は、一般予約が7月9日に開始される見通しとなった。障がい者施設や教育関係施設などの関係者については市が日程を割り当て、基礎疾患のある人などの予約は一般の前に優先して受け付ける。市では一般向けの接種券などを7月初めに対象者に届くよう準備を進めており、接種は早ければ8月下旬の開始を見込んでいる。

 接種予約開始日については22日に開かれた市議会全員協議会で示された。

 市によると、対象となる16~64歳の市民は医療従事者や高齢者入所施設関係者を含め約6万400人。現在の接種体制を維持することで11月末までに終える見通しという。

 優先予約の対象は国が示している基礎疾患のある人など。市では3000人ほどを見込んでおり、予約を来月6~8日にコールセンターで受け付ける。

 ▽障がい者等施設入所者と従事者、入所施設を除く高齢者介護施設従事者▽教育幼保施設、学校教職員、放課後児童クラブ▽ごみ収集作業事業所、清掃事業所、火葬場、タクシー・バス運転手―の「感染リスクの高い従事者等」については事業者から名簿の提出を受ける。これらの従事者は3600人程度いると見込まれ、接種の日時と場所を市が割り当てて通知する。

 市健康こども部では、接種券・予診票など必要書類の準備を進めており、今月30日に郵便局に引き渡す。市民へは来月1~5日に送付される見込み。優先予約の後、同9日から一般の接種予約を受け付ける。予約はコールセンターでも受け付けるが、24時間対応可能なインターネットを主にする考えだ。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2021年7月31日付
奥州・金ケ崎
2021年7月31日付
奥州・金ケ崎
2021年7月31日付
奥州・金ケ崎
2021年7月31日付